スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    降圧剤が効かない陰性の高血圧
    0

      ≫詳しくはコチラから





      65歳以上の高齢者では、医療費のいちばん多く占めているのが
      高血圧とその結果である病気の治療費です。

      また現在、降圧剤を服用している人のうち8割は60歳以上の高齢者です。

      しかし、この降圧剤が効かないタイプの「高血圧」が実は存在します。

      「高血圧」の原因は食事の内容が大きく関わり、それには降圧剤が効くタイプ
      効かないタイプの2つのタイプがあります。

      肉類、卵、赤身の大きな魚、チーズ、マヨネーズ等を大量に摂取すると
      血管内にコレステロールなどがたまり、血液がドロドロになって血管の
      通路が狭くなり血圧が上昇します。

      これは「陽性の高血圧」といえます。

      甘いお菓子、果物、アルコール類、サラダ油、牛乳(乳性品も含む)
      食品添加物などを多量に摂取すると、血管は茹でたマカロニのようになり
      外形は太く、内径は細くなります。

      これが降圧剤が効かない「陰性の高血圧」です。


      ≫降圧剤に頼らない高血圧改善法はコチラから





      現代医学では「陰陽」の考え方が無いため、高血圧になると、お医者さんは
      「水分を多く摂りましょう」
      「生野菜をたくさん食べましょう」
      「塩を控えましょう」
      「クスリを毎日飲みましょう」
      と、ますます降圧剤が効かない陰性に傾く指導を行います。

      「陽性の高血圧」の場合には、肉食過多などで体が陽性に
      傾いているため、クスリは効果を発揮します。

      しかし、降圧剤が効かない「陰性の高血圧」の人が降圧剤を使うと
      一時的には血圧が下がっても、ふやけた血管壁の粘膜がさらに剥がれ落ち
      やがて脳の毛細血管に詰まって脳梗塞や脳呆症の原因となります。

      そのような危険な副作用もあり、効かない降圧剤を飲み続けますか?

      降圧剤が効かないとうすうす感じていても、医者にすすめられたからと
      なんとなく飲んでいませんか?

      降圧剤に頼らない自然な、安全な食事療法で高血圧を改善しませんか?


      降圧剤が効かない高血圧でも改善できる「藤城式高血圧改善法」の紹介です。


      ≫詳しくはコチラから




      | oda1058 | 22:59 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 22:59 | - | - | - | - |